2012年08月02日

7月のいるか広場

妊娠、出産を経て子育てが始まると今までの生活とは一変します。
かわいい赤ちゃんと一緒で幸せな時もあれば、毎日毎日自分のことなんて後回しで思うようにやりたいこともできない、食事さえままならない生活に疲れを感じることもありますよね。
「赤ちゃんはかわいい、でも独身で自由だったあの頃は幸せだった」
こんな思いがよぎったことがある人も多いと思います。
でも、よくよく考えてみると、その頃はその頃で悩みや不満があったはず。そして、今のこの状況は自分が選んできたことの結果であるはずです。
周りの状況が変化していく中で、心は勝手に過去をうらやんだり未来を悲観したり、今をごまかそうと動き回ります。しんどいからこそ心は何か別のもので満たそうとしてしまうのです。

時間の流れとともに環境や状況、自分の立場や役割はどんどん変化していきます。変化していく中で、私たちは変わらないものを見つけることが大切です。
そうでないと、いつまでたっても心は不安定なまま。いい時はいい、けれどしんどい時はしんどい…ずーっとこの繰り返しになってしまいます。心をしっかりと安定させることができれば、周りが変わっていこうとそれに振り回されなくなります。
母になるといろんなことがあります。楽しこともたくさんありますが、その分大変なこともたくさんあります。でも、だからこそチャンス!なのです。
苦しいからこそ確かなものを求め、母は子どものためにもなんとかしようと思えるときだと思うのです。
幸せな時には気付けないことに、気付くことができるとき。気付いたなら、なんとかしようではないですか!

心は習慣性のもので、今までの経験やその印象、記憶から成り立っているといわれています。なので、新しい習慣を植えつけていくことで心は変えられるということです。
具体的な方法としては、ヨーガのアーサナ(ポーズ・体位)を行うことによってまず呼吸を変化させます。心と呼吸は密接に関係しています。呼吸が深く長く安定してくると心も自ずと落ち着きます。
そして、確かな正しいことを知ること、学ぶことが大切です。今までの自分の考え方のままでは心はなかなか変わりません。今までとは違う、よい学びが必要になります。
いるか広場では、正しい考え方やものごとの見方をみんなで考え話し合っています。
毎日を楽しくより良く過ごしていくためのヒントがたくさんありますよ。

過去でもなく未来でもなく「今」という一瞬を私たちは生きています。
私たちができることは「今」しかない。
しっかりとそのことを心に留めて、精一杯生きていけるといいですねぴかぴか(新しい)

posted by いるかくらぶ at 06:41 | Comment(0) | いるか広場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

6月のいるか広場


1歳を過ぎてくると、だんだん子どもの自我もでてきます。いろんなものに興味を示し、好奇心もどんどん旺盛になるのでお母さんは注意することが増えてきます。
しかしまだこちら側の思いも伝わりにくく、用事があっても拒まれたり、何回注意してもきいてくれなかったり…。言ってもきいてくれないことにイライラして、つい大きな声で怒ってしまい自己嫌悪に陥るもうやだ〜(悲しい顔)なんてことは、多くのお母さんが経験されるのではないでしょうか。
そして、このイライラをどう対処すればいいのか、どうしたらいつも平常心で子どもと向き合えるのか…今回の広場でもこんな話題がありました。
 
対処法としては、子どもとのやり取りの中でイライラしている自分に気づいたらまず深呼吸をすること。吸う息よりも吐く息に集中して、呼吸が落ち着くまでとにかく吐いて吐いて吐き続ける!!イライラ〜〜〜ちっ(怒った顔)っとしているときは必ず呼吸も浅く短くなっているはずです。呼吸が落ち着けば心も少しずつ落ち着いてきます。
そして、これも永遠に続くことではないということをしっかりと心に言い聞かせておくこと。「最近、毎日イライラしている」と思っていても、それが永遠に続くわけではなく、これもいつか終わること、変化の中の1コマだと理解することは大切です。そのうち子どもも自分の手から離れていってしまうんだ、なんて思うと少し優しくなれるかもしれませんわーい(嬉しい顔)


感情にまかせて怒っても子どもには「母が怒っている」「怖い」という印象しか残りません。
心は平常心のままで、ピシッと怒る方が内容も理解しやすく効果的です。
1日の中で予定が決まっているときは、お互いが落ち着いているときに説明しておくのもいいかもしれません。(例えば、「今日は○○があるから公園に行っても早く帰らないといけないんだよ」と家を出るときに説明する、など)子どものパターンが見えてきたら、事前に対処できるところはお母さんが機転を利かせて予防策を取るのがいいですね。また、たとえ怒ってしまってもお母さんがそれを引きずらないで、素直に謝ることも必要だと思います。

そして日頃からアーサナ(ヨーガのポーズ)を行っていくことで、心が落ち着き安定してきます。呼吸に集中して丁寧にアーサナを行うと呼吸が変化します。その効果は日常生活に反映され、日常の呼吸が変われば心が様々なことにだんだん巻き込まれなくなってきます。アーサナ、瞑想の実践や心やものごとに対する正しい理解を育むことで心は乱れにくくなります。
結局はその時その場面だけではなくて、毎日の生活の一つひとつを丁寧に、できることを精一杯やっていくことですね手(グー)
心はついつい楽な方へ逃げてしまいがちです。一人ではなかなか困難なこともみんなで一緒だと、やっていけることがあります。
私もまだまだ、道をそれたり(!?)迷ったり(!?)してしまいがちですが、「心が動かない私」を目指して、一緒に少しずつでも前に進んで行きたいと思っています。

ぴかぴか(新しい)お知らせぴかぴか(新しい)
7月8日の「いるかくらぶの感謝祭」、第2部でいるか広場があります。
この日は特別に理事である小児科医の白川先生と産科医の中村先生もいらっしゃいます。
是非みんなで、日頃の子育てや生活の中での悩みや疑問を話し合いましょうexclamation×2

感謝祭の詳細はこちらかわいい
ご予約はこちらからお願いしまするんるん

posted by いるかくらぶ at 01:58 | Comment(0) | いるか広場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

3月のいるか広場

私たちは「私は弱い」とか、「私は強い」などと思うことがあります。
だけれど、その弱い私も時によっては強くなります。
そもそも弱さ・強さの基準も自分が勝手に判断しているもので、時と場合によって、または人によって異なる全くあやふやなものなのです。
本当の強さって、一体どんなものなのでしょうか?
反対にどうして弱く思ってしまうのでしょうか?

私たちの心は、誰か他の人やものに依存していることがほとんどです。
心自体がそれだけでは成り立つことのできない、常に何かをつかみ依存してしまう性質なのです。
幸せや喜び、苦しみや悲しみも、なにかを求めて依存してしまった結果です。私たちは知らない間にそれを繰り返しているのです。
心やこの世界のものごとは全てが常に変化しています。
変化するものに依存していては、それが不安定であるために、自分の心も同じように不安定になります。
大好きな人がいて、その人といられると幸せだけど、いられないと悲しくなる。
その相手がいなくなることに対する心配や不安、失う苦しみもある。
ものも一緒です。ある時は幸せ、なくなると苦しみになるものばかりなのですもうやだ〜(悲しい顔)
苦しみや悲しみで心がいっぱいになる時、自分を弱く感じてしまいがちです。
多くの場合、心が動揺するときは弱く感じ、心が揺れ動かないときに強く感じるのではないでしょうか。
つかむものが揺るぎない確かなものでない限り、心が安定することがありません。
揺るぎない確かなものを信じ、それだけをつかむ事ができると心はしっかりと安定してくるのです。
これはヨーガを学ぶこと、実践していくことによって可能です。
しっかりと心が安定してくると、それは強さになります。

私たちが日常の中で気をつけることは、思いと言葉と行為を一つにすること、とのことでした。自分自身の思いと言葉、行為がバラバラであれば、心は動揺してしまいます。言うこととやることが違う人のことを信じられないですものね。
全てを一つにしていくことで、心が動揺しなくなり安定していきます。自分自身を信じることができるようになってきます。正しい思いを基に一つにしていくことが大切です。これを実践していけば、本当に心が整って安定していきます。

心が不動であること。
不動の心を手に入れることができれば、本当の強さを手に入れることができるはずです。
私たちは弱さにすら執着して依存してしまうことがあります。
まずはその執着している思いを見極め、それを棄てること。
そして日常の中で、思いと言葉と行為を一つにしていくこと。
繰り返し繰り返しの実践です。地道なことですが、だからこそ成果があるのです。
簡単に手に入るものは簡単になくなるでしょう。しっかりと日々の積み重ねによって築き上げていったものにこそ、本当に満足する成果があらわれると思うのですぴかぴか(新しい)

一人では正しい思いすらわからないことが多いものです。
いるか広場では、みんなで思いや悩みを話し合い解決へと導くよう話し合っています。
共に励まし合い、讃えあい、支え合いながら前に向かって歩んでいきましょう。
初めての方も、気軽に遊びに来てください。
きっと、よりよく生きていくためのヒントが見つかると思いますよひらめき



今までいるか広場の講師として来てくださっていたシャチーさんですが、来月からジャヤデーヴィーさんに変わられます。(2人とも日本人です)
dsc06964.jpg
シャチーさんどうもありがとうございましたわーい(嬉しい顔)また遊びに来てくださいね。


posted by いるかくらぶ at 01:38 | Comment(0) | いるか広場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

2月のいるか広場

「ヨーガって素晴らしい!」

ヨーガというとちょっと変わったポーズを取る体操、ストレッチやエクササイズのようなものと思っている方も多いと思います。世間には様々なヨーガがありますが、本来のヨーガは決して体操やリラクゼーションではなく、身体を使い呼吸を変化させることで心へとアプローチしていくものです。心を変えていく力が本当のヨーガにはあります。

クラスで行っているアーサナ(ヨーガのポーズ・体位)を毎日続けていくと、自然に自分の内のなにかが変わってきます。人それぞれの感じ方や効果は異なるかもしれませんが、少しずつ心が穏やかになっていく、心の波が静まり今まで気になっていた様々なことにあまり気を取られなくなってきます。軽やかになるような感じです。
そして、今まで気にならなかったことが気になるようになります。
これは決して余計な思いではなく、余計な思いが無くなり「気づき」が生まれるといことですひらめき
私たちの心の奥には、とても純粋な意識があるそうです。
誰にも共通している意識。
その上に心が覆いかぶさっていて、一人ひとりの思いや性格が異なっています。
アーサナを行い、呼吸が変化して落ち着いてくると心も落ち着いてきます。
緊張をほぐすために呼吸を調えるように…。
そして心が落ち着き波立たなくなってくると、心の奥にある純粋な意識が顕れてくるといわれています。
純粋であるならそれはきっと良いものだ!と、なんとなく感じると思いますが、その意識が顕れてくると今までの習慣で無意識に働いていた心に気づきが起こるのです。その気づきは、今までとは違うより良い方向へと心を変化させるものなのです。
最初は気付いても習慣で働く力の方が大きいかもしれませんが、心の向かう方向を変えていくための力がヨーガの実践や学びによって養われていきます。

どうしてもアーサナだけでは、心を変えていくのに限界があります。
みんながそれぞれに「私」の正しい思いを主張してしまうことのないように、いつの時代においても変わることのない正しいものはなにかを学ばなければなりません。
いるか広場は、その学びの部分になります。
今月はヨーガの素晴らしさや、実践の成果を日常の中で実感した話があり「ヨーガは素晴らしい!」で始まり締めくくられました(笑)

なかなか心や日頃抱いている思いについて話し合う機会はないと思います。
日々の中でこんな風に感じている、こんな問題を抱えている、などなんでも思い思いに話せる広場です。
みんなで楽しく真剣に語り合い、互いに気づきを得ることも多々あります。
是非一度参加してみてください。楽しいですよわーい(嬉しい顔)

posted by いるかくらぶ at 23:07 | Comment(0) | いるか広場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

1月のいるか広場

2012年最初のいるか広場は、参加者が各々の今年一年の目標を発表しました。
それぞれの具体的な目標は違うように聞こえるけれど、みんなヨーガを深めていくことや日々ヨーガを実践するといった内容でした。

昨年末からいるかくらぶではアーサナ(ヨーガの体位・ポーズ)くらぶが発足!
毎日一つでもいいからアーサナを実践することを目標に掲げています。
母は子どもが小さいうちは、なかなか思うように自分の時間が取れないと思います。
しかし時間がないからこそ、できることがあるのではないでしょうか。
一日中一人の時間があったとしたら、きっとダラダラと無駄に過ごしてしまう時間がでてくると思います。
毎日育児や家事に追われているからこそ、残りの貴重な時間を有効に使おうと思えるし、使うことができるのです。

たとえ決めたこと、やりたかったことができなかったとしても、その思いを引きずらないことが大切です。
後悔なんて時間の無駄なのです。反省はしても、必要以上にしない。
ヨーガは「今」を生きることを教えてくれます。
終わったことはどうしようもありません。
できないことにとらわれることなく、今の自分にできることをやっていけばいいのです。
言い訳やごまかしもいりません。
過去のことに思いを残さないようにしていくことが大事です。
たとえ一秒前でも過去なのです。
「今」という瞬間を大切にして、いい思いで満たして過ごしていくことができれば、それはとても幸せなことだと思います。


今年も一年、みんなで共に助け合い励まし合いながら、それぞれが少しずつでも前に向かって歩んでいきたいと思います。
ヨーガを通じて母が子としっかり向き合い、子の全てを受け入れられるようになっていけますように。
そして、たくさんの親子の笑顔に出会えますようにぴかぴか(新しい)

posted by いるかくらぶ at 01:16 | Comment(0) | いるか広場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。